読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない話

僕は就活生だ。 なので就職活動をしているのだが、なかなかうまくいかない。 僕は昔から働きたくないと主張していた。 もしかしたらそういうところを見ぬかれているか、態度や言葉遣いの端々に出ていたのが原因なのかもしれない。

今回は働きたくないということを書く。

僕の父親はワーカホリックだ。多分。 それで家に帰ってくるのがすごく遅い。 そして朝はすごく早い。 おまけに休みはほぼ取らない。*1

なにか物理的に大きな買い物(ソファとか)をするときも母親が一人で買ってきていた。 僕から見たらほとんど家庭を放棄しているように見えた。 父親からすると、金銭的に家庭を支えていると思うのだろうか。
ただ、子供からすると一緒にいてくれないとわからないものだと思う。 大人って難しい。

そんな父親を見ていると、段々と働くことに対してのマイナスイメージを抱くようになってしまった。 働くと忙しくて趣味の時間が取れないのかな、全然休み取れなくて辛そうだな、と思うようになった。
今のところ予定はないが、万が一家庭を持つことになったらもっと働かなくてはならないから大変だなぁとも思う。

こうやって僕は働きたくなくなったのである。


ほぼ就活がうまくいかない愚痴だが働きたくないのはこういった経緯があったのだ。 まあ本当は働くのがめんどくさいというだけかもしれないが。

しかし、僕はなんやかんやでちゃんと就活をやっているし、高校生の頃はアルバイトだってやろうと思っていた。面接全部落ちたけど。
なんにせよ、この世界ではベーシックインカムでも導入されないかぎりは働かないと飯が食えないので働かなくてはならないのだ。 ベーシックインカム導入されないかなぁ。

あー働きたくねぇ。

*1:定休日は無いので、月に4回くらい好きな日に休めるシステムらしい。よくわからない。