読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームに課金

あなたはスマホのゲームに課金したことはあるだろうか。 僕はパズドラとモンストに課金したことがある。 前前回、DL版について書いた時にものが残らないデメリットについて書いた。 課金についても同じことが言えそうだ。

mk2481.hatenablog.com

ということで、今回は課金について考える。

さて、僕は何かに対してお金を払った場合、あとからこの散財はどうだったか考える癖があるらしい。パズドラとモンストについてはどう思ったかをそれぞれ書く。

多くの人は何らかのガチャイベントが開催された時に課金をするはずだ。僕もそうだったと思う。なので、その時のことについてのことを書いてみよう。

モンストの課金

まずモンストだが、月に2回イベントが開催され、それぞれ獣神祭、超獣神祭と名付けられている。まあ、いいモンスターが出るか出ないかについてはおいておく。*1

とりあえず、ガチャを引くが、どうしようもないやつとダブった奴はもう本当にどうしようもない。悲しい。

パズドラの課金

パズドラは不定期にゴッドフェスと呼ばれるガチャイベントが開催される。前は月一だったと思うが、最近はよくわからない。

それはおいといて、パズドラにはスキル継承とモンスターポイントというものがあり、ダブったけどスキルが強い奴はスキル継承に使い、同しようもないやつは売却するとモンスターポイントになる。モンスターポイントは後ほどいいモンスターと交換できる。

まとめ

ということで、両者の違いは、外れても役に立つかどうかということだった。 パズドラの制度はギリギリものが残っているとも言える。

ものが残らないものに対してお金を払うことに抵抗がある人はとても多いと思うし、そもそも無料でできるものにお金を払う必要は無いと考える人もいる。 そんな中、運営側がお金を稼ぐのはとても難しいと思う。 僕は、スマホゲームに求められているのは後悔のない課金だと思っている。

ものが残らない課金をリピートする人は極めて少ないと思う。せっかく課金したのに何も残らないとなれば、もうやらない!という人が多いと思う。ごく一部に当たるまで課金してやるという人もいるだろうが。
しかし、前述のパズドラのようになんかしらの形で価値を残すことができるようにすれば、いいのが当たらなくても何かになるというセーフティーネットが敷かれる事になり、課金へのハードルを下げることができる。

最近のスマホゲームでは、ダブリ救済が用意されていることが多い。この調子で、後悔のない課金を普及させ、ビジネスを発展させてほしい。

*1:課金していいやつが出た覚えはない。